内緒でお金を借りる申し込みをしたけどダメだった時に考えたいこと

お金を内緒で借りられなかった

「会社に内緒でお金を借りる申し込みをしたけど審査に通らなかった!」と言う人もいるでしょう。
そんな時に何が原因で審査に通らなかったのか分からないということもありませんか?

 

例えば過去に大幅に債務の返済に遅れたことがあったり、自己破産や個人再生などの債務整理を行ったことが考えられます。
これらの情報は信用情報機関に載っており(これを「ブラックリストに載る」と言います)この情報が消えるまでの間は融資を受けることはできません

 

その他にも既に年収の1/3以上の借り入れがある場合「総量規制」という法律により、これ以上借りることができないと決められています
ただし、この法律は消費者金融には対象ですが銀行には対象外であるため、貸金業者を変更することで審査に通る可能性はあります。

 

お金を内緒で借りたら審査で落ちた

更に短い期間にいくつものキャッシングに申し込みをしていることも考えられます。
どこの貸金業者でもこの情報は分かってしまい「この人は相当お金に困っているので返済できなくなるのでは」とみなされてしまう可能性があります。
お金が必要であっても1か月の申し込みは2社程度に抑える方が無難でしょう。

 

その他にもいくつか考えられることはありますが、計画的に利用するように申し込めば審査に落ちることはほとんどありません。
一度計画を見直してみるのもよいでしょう。

旦那さんに内緒でお金を借りる方法とは

旦那にお金を内緒で借りる

基本的にキャッシングは20歳以上の働いている人であれば審査に通ることができます。
つまり働いていない専業主婦の人がお金を借りることは難しいと言えますが、家族の急病や生活費、ショッピングなど急にお金が必要になることはあることです。

 

もちろんパートやアルバイトで少しでも収入があれば審査に通る可能性は高くなります。
しかし働いていない専業主婦の人が「できれば旦那さんに内緒で借りたいな」という時におすすめしたいのが銀行のカードローンです。

 

インターネットからお金を内緒で借りる

30万円以下、もしくは50万円以下など比較的少額な金額の融資の場合に限り、これ以上の融資を受ける場合は旦那さんの同意や収入証明が必要になりバレてしまいます。
少額であれば30日以内、数万円程度なら半年間は金利を払う必要がないなどのメリットがあり、銀行ATMで手数料を払うよりもお得になることがあります。
また長期に借りる場合でも銀行のローンは消費者金融よりも低く設定されていることが多いため安心です。

 

インターネットや携帯から申し込めば店舗に出向く必要もなく周囲にばれることはなく、申し込む時間によってはその日中に借りることができます。
専業主婦でも借りることができる銀行のカードローンはインターネットで調べることができるので一度チェックしてみてください。